。

2019.03.21

  • 和食
  • 日本酒

群馬・太田の「マボロシ」でおいしい和食と日本酒を楽しむ

魚料理

美味しい”焼きそば★ばそき家”のオリジナルキャベツ焼きそばは大のおすすめ!

知る人ぞ知るお店こそ、誰かに教えたくなるもの。自分だけのものにしてもいいけど、みんなと分かち合ってこそ喜びは倍増するものですよね。そこで紹介したいのが、自動車メーカースバルの街としても有名な群馬県太田市にある和食のお店「まぼろし」です。東武鉄道各線・太田駅から車で9分。遠方から訪れるビジネスマンの方々にも、出張先のささやかな楽しみを提供してくれるお店です。

ベージュ色に包まれた明るく清潔な店内に入ってすぐに嬉しくなるのは、6つあるカウンター席と調理場の近さ。目の前でいきいきとした店主の手さばき、一皿に込められる想いの深さを、その過程までつぶさに眺められる絶好の距離感。これはかなりポイント高いです。几帳面に並べられた器の数々はどれも上品で、目利きの確かさも感じられます。盛りつけされた料理もまるで喜んでいるかのよう。

ここでいただけるのは、コース料理のみとなっています。日々、変化していく旬を、心の暦に刻んでいくように満喫してほしい、という想いから。食材の好みや苦手なもの、予算や量についても相談に乗ってくれ、要望に応える納得の献立てを作ってくれます。ありたがいですね。初訪問の方におすすめなのは、お試しコース(2,500円)。前菜、旬のお刺身、焼き物、揚げ物がついて、この価格設定は、十分過ぎるほどでしょう。例えば、春のある日の一例では、蕗の山葵漬け和えや昆布締めした鯛のてまり寿司、鰆の西京焼き、新筍の金山寺味噌和え、菜の花とともにタコの柔らか煮など、のっけからお酒が進んでしょうがないほどです。メニューは季節ごとにめまぐるしく変わるので、要チェックです。

日本酒って、それ自体おいしいのに、ふさわしい肴に合うと、魅力が何倍も跳ね上がるものですよね。ここでも、新潟の「鶴齢」や高知の「久礼」、佐賀の「鍋島」など、銘酒揃い。秋田の「ゆきの美人」に青森産マコガレイの刺身を合わせれば、東北の華・白肌美人たちが美味なる集い。杯を重ねるたびに、艶っぽい幻が立ちのぼり、夢見心地。夜ごとに通いたくなる「まぼろし」は、はるばる訪れた方にも、やさしい明かりを心に灯してくれるお店です。

店名 和食割烹と日本酒 マボロシ

住所 〒373-0817 群馬県太田市飯塚町1417-4 トータスビル2F
ご予約・お問い合わせ 0276-30-0095
アクセス 東武鉄道各線「太田駅」より車で9分
営業時間 18:00〜24:00(最終入店23:00)
定休日 月曜日

ページTOPへ